ご挨拶

糖尿病に悩む患者様へ

医療法人社団 友志会 翼ハロー歯科・内科診療所(糖尿病再生医療研究所)外観

 厚生労働省の平成28年「国民健康・栄養調査」によると、糖尿病有病者と糖尿病予備群は、いずれも約1,000万人と推計されています。糖尿病はひとたび発症すると治癒することはなく、放置すると網膜症・腎症・神経障害などの合併症を引き起こし、末期には失明したり、透析治療が必要となることもあります。さらに、糖尿病は脳卒中、虚血性心疾患などの心血管疾患の発症・進展を促進することも知られています。今後も社会の高齢化にしたがって増大するものと考えられています。
現在の基本的な治療は、食事療法・運動療法ですが、病状や合併症の症状等によっては、インスリン製剤をはじめとする薬物療法がおこなわれることもあります。このように糖尿病疾患を持つ多くの患者様は日ごろから様々な制限を守り、怠らないように生活して行かなくてはならないのが現状です。

 当院では糖尿病疾患の患者様に対し、「幹細胞再生治療」の自由診療を行うことになりました。幹細胞再生医療は今、医療業界において、最も注目されている分野であり、急速に進歩発展を続け世界中で新たな成果が日々取り上げられています。再生医療は細胞や組織を用いた治療方法で、今まで治療困難であった糖尿病疾患に対して新たな治療の道を開くものです。医学は日進月歩。幹細胞による再生医療は今後の医療業界の中心的存在なると確信しております。

 糖尿病治療の新たな可能性を模索されておられる患者様はまずご相談ください。お時間をいただき、症状の聞き取り及び診断、患者様とご家族の方の治療の考え方、そして再生医療の治療方法についてしっかりお話しさせていただき、ご本人の意思で施術のご判断をしていただきます。
当院は糖尿病の患者様の病状の軽減と皆様の健やかな健康長寿生活のお役に立てるよう、再生医療治療の取り組みに精進していきたいと考えております。

医療法人社団 友志会
理事長
長 也寸志


治る医療への可能性~再生医療~

医療法人社団 友志会 翼ハロー歯科・内科診療所(糖尿病再生医療研究所)外観

 「このお薬は一生飲まなきゃいけないのでしょうか?」
これまで多くの患者さんに聞かれました。しかし、糖尿病をはじめとした慢性疾患と診断をつけられた方の多くが一生薬を飲み、医療機関の世話にならなければならないのが現実です。

 この1世紀で医療は大きく変遷を遂げました。つい100年前までは、結核、肺炎、胃腸炎(腸チフス・赤痢等)という感染症で多くの方は亡くなっていました。しかし、抗菌薬の出現によってそれが大きく変わります。結核、肺炎、胃腸炎で命を落とす人はほとんどいなくなったのです。まさに「治る医療」です。

 さらに、麻酔薬の出現により、痛くない「手術」が出来るようになりました。外科医は病巣を取り除くことによって、多くの病気を「治す」ことができると考えました。「抗菌薬」と「手術」によって多くの病気は「治る」はずでした。

 現在、日本人の死因の第1位はガンですが、病巣を取り除くことによって、全てが「治る」とは言い切れません。第2位心疾患、第3位肺炎(多くは寝たきりの高齢者)、第4位脳血管疾患の原因の大部分は動脈硬化で、ガンと同じくらいの数の方が亡くなっています。私たちの健康な生活を守るためには動脈硬化性疾患の予防と管理がとても重要ですが、動脈硬化には非常に多くの要因が関係していることが知られており、中でも糖尿病・耐糖能異常、高血圧、慢性腎臓病などの慢性疾患の管理は重要です。とりわけ、糖尿病の治療の目標は、合併症の発症予防となっています。そのため、一生続く、食事管理、薬物治療の管理と医師による管理が必要となるのです。治らないため、管理する医療なのです。こうした中、失われた身体機能を取り戻すために、幹細胞を利用して組織、臓器やその機能を再生させることにより、難治性の疾患や一生治療を必要とする慢性疾患の治療へ、再生医療が従来の医療の一翼を担い、再び「治る医療」が出来る可能性を期待されています。当院は、糖尿病治療の為の再生医療を日本で唯一認可された施設です。糖尿病の患者さんの病状の軽減、QOL回復のお役に立てるよう、再生医療へ取り組み、今後とも精進したいと考えております。

医療法人社団 友志会 翼ハロー歯科・内科診療所(糖尿病再生医療研究所)
医師
亀川 寛大

Page Top